スポンサーリンク

【書評】一切なりゆき(樹木希林著) どう生きて、どう死ぬか

生活に役立つ本
生活に役立つ本
【6分半で分かる】一切なりゆき 樹木希林の言葉 どう生きて、どう死ぬか

みなさん、こんにちは。

このチャンネルは、忙しい社会人が、聞き流すだけで分かるように、短時間で効率的につくっています。

今回は樹木希林さんの「一切なりゆき」をご紹介します。

2018年9月に亡くなった平成の大女優は生前、数多くの名言を残しました。

その言葉は、ユーモアがありながら、とても奥が深いものばかりです。

どうすれば、希林さんのように、自然体に楽に、日々を生きられるのか。

印象に残ったポイントを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

①「死」を感じられるのはありがたい

希林さんは2004年に乳がんが見つかってから、2018年9月に75歳で亡くなるまで、全身に転移したがんをものともせずに生きました。

がんになったことで、人生観が変わったと言います。

「人は必ず終わる」という実感を自分の中に持てた。終わりを意識することで、心の整理をすることができた。がんという病気は、自分の残された時間を教えてくれる、ありがたいものだと説明しています。

希林さんは自分のことで、人を煩わせるのを、とても嫌う性格でした。

自分のことを自分で始末するのが、大人としての責任。人生の整理ができるので、ありがたいと語っています。

がんになったら普通は絶望すると思いますが、この逆転の発想こそが、希林さんの凄さだと思います。

②人生は思い描いた通りにならなくて当たり前

希林さんは、どこか力の抜けた人でもありました。

数多くの名作に出演した大女優でありながら、全く偉ぶることはない。

全身がんになっても、そのつらさを表に見せることはありませんでした。

それは、「人生を嘆いたり、幸せについて大げさに考えない」という信念に基づいて、生きていたからです。

いつも「人生、上出来」と考えて、うまくいかないときは「自分が未熟だったのよ」でおしまい。

こんなはずでは…というのは、自分が思い描く理想と違うからこそ、生まれる感情。

その理想が、自分が本当に望んでいるものなのか、他人の価値観なのか、誰かの人生と比べてうらやんでいるだけなのか、見つめ直すことが重要と語っています。

③どうすれば、他人の価値観に振り回されないか

では、どうすれば、他人の価値観に振り回されない人生を送れるのでしょうか。

希林さんは「自立すること」と語っています。

自分はどうしたいか、何をするべきか、とにかく自分の頭で考えて、自分で動く。

人に頼るのもいいが、誰にも助けを求められない時にどうすれかは考えておく。

「もっと言えば、自分が置かれた状況を面白がれるようになるといい」と語っています。

幸せというのは、「常にあるもの」ではなく、「自分で見つけるもの」

なんでもない日常や、取るに足らないことでも、面白がってみると、そこに幸せが見つかると説明しています。

④夫婦関係、相手のマイナス部分は必ず自分にもある

希林さんは21歳で俳優と結婚し、25歳の時に離婚。30歳の時に内田裕也さんと再婚しました。

離婚無効訴訟など、数々の修羅場を乗り越えながら、型破りな夫婦関係は死ぬまで続くことになります。

そんな希林さんの、男女についての視点は、独特で学ぶべきことが多いです。

どの夫婦も、夫婦となる縁があったということは、相手のマイナス部分が必ず自分の中にある。

共通するマイナス部分があるからこそ、人は惹かれ合うのだそうです。

それが分かっていると、結婚というものに、納得がいく。

夫や妻のことを悪く言っている人を見ると、「この人、自分のことを言っている」と心の中でよく思っていたそうです。

⑤家族が崩壊しないのは、女の粘り強さのおかげ

世の中の家族が崩壊しないのは、女の粘り強さのおかげと説明しています。

「女」が「台」となって、「始まり」という漢字になる。

全ての始まりの土台を作るのは女で、そこがドシッしていれば、たいていのことは大丈夫。

女というのは、その人生が終わった時に初めて、「いてくれて良かった」と思われる存在になると語っています。

⑥私たちはみんな「提婆達多」

希林さんは、心身の活性化のため、日常的にお経を読んでいたそうです。

お経の中に「提婆達多(だいばだった)」という言葉があります。

提婆達多とは、お釈迦様のいとこで、最初は同じ教団で活動していたものの、やがて反逆し、お釈迦様を殺害しようとまでした人物です。

しかし、お釈迦様は、提婆達多がいたからこそ、見えてきたものがあると仰っています。

自分にとって不都合なもの、邪魔になるものを全て悪としてしまったら、そこに何も生まれて来なくなる。

病気や苦手な人も、「悪」とは決めつけない。

物事の良い面と悪い面は表裏一体で、それをすべて認めることによって、生き方が柔らかくなる。

希林さんは、夫の内田裕也さんという「提婆達多」がいたからこそ、穏やかに生きられたと振り返っています。

いかがだったでしょうか。

希林さんは掃除や家事も丁寧にこなし、外出するときはバスや電車も使う。

生活感をとても大切にしていた方でした。

倹約家で、モノも自分も十分に最後まで使い切ることが好きでした。

「粋」でかっこいい生き方が、この本には、ほかにも数多く紹介されています。

ぜひ手に取って、読んでみてください。

もしこの動画が気に入ったという方は、チャンネル登録をお願いします。

これからも実際に読んで、面白かった本を、短時間で効率的に解説します。

最後までご視聴ありがとうございました。

本日も良い一日をお過ごしください。

【6分半で分かる】一切なりゆき 樹木希林の言葉 どう生きて、どう死ぬか