スポンサーリンク

【書評】パワースポットのつくりかた(上田サトシ著) 自宅を簡単に「聖地」にする方法

生活に役立つ本
生活に役立つ本
【6分半で分かる】パワースポットのつくりかた 家を手軽に「パワスポ化」する方法
【目次】 ①「空間」を整えることはなぜ大切? 0:51 ②まずは「瞑想」から 1:53 ③「水晶」は停滞感を一掃してくれる 2:42 ④「黄色」は最強の色 3:18 ⑤「塩」は浄化力が強く、神様が宿る 4:04 ⑥物置に放り込んでも、何も解決しない 4:59 【参照・引用元】 題名 パワースポットのつくりかた 著...

みなさん、こんにちは。

このチャンネルは、忙しい社会人が、聞き流すだけで分かるように、短時間で効率的につくっています。

今回は上田サトシさんの「パワースポットのつくりかた」をご紹介します。

上田さんは日本の美大を卒業後、シリコンバレーでIT企業に勤務。その傍ら、超能力開発で世界的に有名な「バークレー・サイキック・アカデミー」という学校で、瞑想やヒーリングを学びました。

有名なパワースポットに行かずとも、自分の家や店をパワースポット化する方法が分かりやすく書かれています。

新型コロナでなかなか観光に行けない今、まさに必見の本です。

印象に残ったポイントを、短時間で効率的に解説したいと思います。

スポンサーリンク

①空間を整えるのはなぜ大事か?

まず、自分の空間を整えることが、なぜ大事なのかを説明したいと思います。

「意識」がその人の存在意義を生み出すように、空間にも「意識」が存在します。

人間は「意識ー心ー身体」の3要素でできていて、この3つの要素が一直線に整っていれば、気の流れが良くなり、運気が好転します。

ですが、バランスが悪いと、運勢は良くない方向に向かってしまいます。

あなたが心の悩みを持っているのならば、空間を変える、つまり空間の「意識」を変えることによって、あなた自身の悩みも解消できるようになるのです。

空間を癒すことを続けていると、エネルギーの流れはさらに高まり、やがてその空間はその人にとっての聖地となり、運気が上がってくのです。

では具体的に、どうやって空間を整えるのかをお伝えします。

②まずは「瞑想」から

まず大事なのは、瞑想を通して心を整えることです。

心が整わないうちに、パワーアイテムを設置しただけでは、十分な効果が望めません。

「意識ー心ー身体」が歪んでいると、空間も歪んでしまい、いい流れを引き寄せません。まずは自分の「意識ー心ー身体」をまっすぐに整えることから始めましょう。

難しく考える必要はありません。

静かに椅子に座って、目を閉じて深呼吸するだけです。

1日5分、瞑想するだけで、日に日に「心」は静まり、それと同時にあなたの周りの空間のエネルギーも浄化されていきます。

③水晶は人生の停滞感を一層する

「仕事の契約がまったく取れない」

「努力しても婚活がうまくいかない」

「同じ悩みが数年間ずっと続いている」

こうした人生の停滞感を打破したいとときは、窓辺など、外と内の境目に水晶を置くだけで、効果が発揮されます。

トイレや風呂場、日の当たらないキッチンなど、湿気が気になる場所に置くのも効果的です。

水晶の選び方は自由。

その意思を見たときのファーストインプレッション、実際に触れたときの心地よさで決めてください。

④「黄色」は最強の色

黄色は最強の色。パワースポットには欠かせないカラーです。

黄色は光を黄金に変え、場のエネルギーをニュートラルな状態に整えて活性化してくれる力を持っています。

黄色い絵を飾ることで、家庭に活気が出たり、店をやっている方には、お客さんが多く来てくれるようになる効果があります。

古来から、黄金は宗教的な装飾に使われてきました。

私たちが日常生活で違和感なく取り入れられる黄色は、この黄金と同じ効力を持っています。

ぜひ活用していただきたい、最強のカラーです。

⑤塩が浄化力が強く、神様が宿る

塩には強力な浄化作用があり、ネガティブなエネルギーを払ってくれます。

玄関脇の盛り塩は、家族が外で受けた重苦しい思念を、家に入れないようにする効果があります。

塩は家を守るための結界なのです。

また、塩は部屋のエネルギーを明るく清らかに変えてくれる効果もあります。

気持ちがすぐれないときは、部屋の中央に器に入れた塩や岩塩を置くだけで、場のエネルギーが明らかに変わっていくのが分かるはずです。

塩の分量や盛り方、形状はこだわる必要がありませんが、溶けたらすぐに取り換えることが重要です。

塩は湿気や邪気を吸うと、水に変わるので、その場のエネルギーを見るバロメーターにもなります。

⑥物置に放り込んでも解決しない

自宅や職場に「物置」はあるでしょうか。

物置に価値のない物品を放り込んでおくと、気の流れを滞らせてしまいます。

すでに亡くなった人の遺品や、過去にもらった使っていない土産物などには「残留思念」があり、周囲の気を停滞させてしまいます。

子供が使わなくなったぬいぐるみ、いらなくなったランドセルやバッグ、健康器具や美容器具など、捨てるのがもったないという気持ちだけで、部屋の隅にほったらかしになっているアイテムはよくあります。

表に見えないからといって、放り込んでいたとしても、「残留思念」があなたを支配しようとします。

不要なものは大胆に処分しましょう。断捨離は、運気上昇のためにも必要なことです。

いかがだったでしょうか。

この本にはまだまだ多くの実践例が紹介されています。

情報量が多く、とても分かりやすく書かれていて、どれも楽しくできることばかりです。

新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごすことは確実にこの先多くなっていきます。

家の中が整っていないと、自分自身も乱れてしまいます。

この本を参考に、自宅を簡単にパワースポット化して、日々を健やかに生きていきましょう。

もしこの動画が気に入ったという方は、チャンネル登録をお願いします。

これからも実際に読んで、参考になった本を、短時間で効率的に解説します。

最後までご視聴ありがとうございました。

本日も良い一日をお過ごしください。