スポンサーリンク

【書評】ティム・クック(リーアンダー・ケイニー著) あのジョブズを超えた謎多き天才

人物伝
人物伝
【7分で分かる】謎多き天才 ティムクックの素顔 ジョブズなきアップルを世界初の1兆ドル企業に押し上げた男

みなさん、こんにちは。

このチャンネルは、忙しい社会人が、聞き流すだけで分かるよう、短時間で効率的に作ってます。

今回は、スティーブジョブズの後を継いで、アップルの社長となったティムクックの自伝をご紹介します。

この本は、元リポーターの著者が、周辺取材をもとに執筆した本です。

クックは大のインタビュー嫌いで、ほとんど取材に応じたことありません。

かなり謎に満ちた人物ですが、経営の才能はジョブズを超えると評価されています。

謎多き男、ティムクックはどういう人物なのか。ポイントを絞って解説したいと思います。

スポンサーリンク

クックの業績が半端ない

クックが、ジョブズに代わってアップルの社長についたのは2011年。

それまでアップルの最高執行責任者として腕を振るっていましたが、知名度が非常に低く、多くの人が「ジョブズなきアップルは、破滅するだろう」とささやいていました。

しかし、クックが社長についたアップルは、株価が約3倍、世界初の1兆ドル企業となりました。現金保有は30兆円と約4倍。アメリカ政府が利用可能な現金と同じくらいの富を蓄え、ジョブズなきアップルを大成功に導きました。

在庫整理の鬼、オペレーション能力が半端ない

クックは1998年、37歳でアップルに入社しました。

ジョブズが、在庫管理、コスト管理に秀でていると知っていて、何度も何度も口説いたのです。

当時、アップルは破産の危機に瀕していました。アイマックなど数々の大ヒット商品を世に出したのですが、売り上げ予想や在庫管理がうまくいかず、十分に利益を上げられなかったのです。

クックはアップル入社後、わずか7ヶ月で成果を出しました。

在庫の保管日数を30日から6日に大幅に短縮し、在庫ストックの費用を450億円から87億円に劇的に減らしたのです。

ジョブズが手抜きのデザインを嫌っていたのと同じ熱量で、クックは過剰な在庫を「根源的な悪」と嫌っていました。クックは「自分が酪農業を営んでいると想像してみてください。商品の消費期限が切れてしまったら、大変なことになりますよね」とも語っています。

クックの有能さを表すエピソード

AppleがiMacを主流製品しようとしていた約20年前のこと。

ホリデーシーズンにできるだけ多くの人に商品を届けたい。

クックが出した答えは、その数か月も前から、なんと約110億円もの航空貨物便を予約したのです。

当時としては前代未聞のことでしたが、これが非常に大きな成果を生みました。

すぐお客に届けることができただけでなく、ほかのメーカーが、配送手段を確保するのが困難になり、ライバル企業の足を引っ張ることもできたのです。

110億円もの予約。大博打に打ってでたように見えますが、需要予想と在庫管理がしっかりできていたからこそ成功したのです。

クックが確立したこのオペレーションシステムは、その後のアップルの驚異的な収益に結び付きます。

クックはどんな子供だったのか?

クック少年は、アラバマ州ロバーツデールという人種差別が激しい田舎町で育ちました。

両親が熱心なクリスチャンで、クックもおのずと信神深くなりました。

中学、高校は数学が得意で、6年間を通じて「最も勤勉な生徒」に選ばれています。

勉強だけでなく、当時からビジネスに対する鋭い洞察力を見せていました。

学校年鑑を作るボランティアに参加した時のこと。

リーダーを務めたクックは、最新の電動タイプライターを導入。

「あなたはもう手に入れた」というキャッチコピーの入ったトレーナーをつくり、制作に携わった全生徒に着させたのです。

その年の学校年鑑は、過去最多の売り上げを記録しました。

天才実業家となっていくうえで、貴重なビジネスの経験となったのです。

「超」がつくほどの人格者

クックの性格は、ジョブズと全く違います。

ジョブズは納期が遅れた製造業者に、面と向かって「お前たちは腰抜けのくそったれだ」と罵声を浴びせるような人物。結果を出さない部下にも、怒鳴り散らしていました。

クックは声を荒げることはほとんどありません。これまでギスギスしていた社風の改善、長時間労働の是正を積極的に進めました。

ジョブズは、地球環境問題にほとんど関心を示しませんでしたが、クックになってからのアップルは再生可能エネルギーに力を入れるようになりました。今では世界中のアップルの施設が、100%再生可能なエネルギーで賄われています。

さらに、クックは2014年、自分が同性愛者だということもカミングアウトしました。

私生活は謎に包まれている究極の秘密主義者ですが、同性愛と公表した理由について「孤独を感じる全ての人のなぐさめとなり、彼らが自分たちの平等を訴えるきっかけになりたかった」と話しています。

このカミングアウトは全世界に衝撃を与えましたが、大多数がクックの勇気ある公表に賛辞を送ったのです。

いかがだったでしょうか?

謎多き天才、ティムクックの一端を知れましたでしょうか。人格者であり、仕事ができる。世界一の企業のトップはまさに理想の経営者です。

この本には、まだまだ興味深いクックの素顔が描かれています。ビジネスにも応用できると思いますので、ぜひ読んでみてください。

もし、この動画が気に入ったという方は、チャンネル登録をお願いします。

最後までご視聴ありがとうございました。良い一日をお過ごしください。

【7分で分かる】謎多き天才 ティムクックの素顔 ジョブズなきアップルを世界初の1兆ドル企業に押し上げた男