スポンサーリンク

【書評】人生で一番役に立つ「言い方」(小林弘幸著) 言い方は「医学」

生活に役立つ本
生活に役立つ本
【6分で分かる】自律神経を整える 人生で一番役に立つ「言い方」
【目次】 ①「クソッ!」の一言で、一気に自律神経は乱れる 0:39 ②癒し効果の「副交感神経」を高める「言い方」 1:56 ③ゆっくり話すと、なぜか「信用」されるワケ 3:04 ④ゆっくり話すと、「心に余裕」ができるワケ 4:25 今回は順天堂大学医学部教授・小林弘幸さんの「自律神経を整える 人生で一番役に立つ『...

みなさん、こんにちは。

このチャンネルは、忙しい社会人が、聞き流すだけで分かるよう、短時間で効率的に作っています。

今回は、順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんの「人生で一番役に立つ言い方」をご紹介します。

この本を読むまでは、自分の「言い方」に全く関心がなかったのですが、「言い方」一つで体調が大きく変わる。心が穏やかになるということを知ることができました。今すぐにでも取り組めるので、ぜひやってみてください。

ポイントを絞って解説します。

スポンサーリンク

「クソッ!」と言った瞬間、自律神経は乱れる

自律神経には、交感神経と、副交感神経があります。この二つのバランスが崩れてしまうと、全身の細胞に酸素と栄養がいかなくなり、体調が悪くなってしまうのです。

「クソッ!」などの攻撃的な言い方をすると、自律神経は乱れます。一回の怒りで、なんと、3時間から4時間も乱れが継続してしまうのです。

自律神経が乱れると、疲れたり、イライラしやすくなったりするので、ますますバランスを崩すという悪循環に陥ってしまいます。

若いうちは、すぐに回復できるのですが、男性は30歳、女性は40歳を境に、癒し効果のある副交感神経の働きが弱まるため、一度バランスを崩すと、なかなか回復することができません。

さらに攻撃的な言い方は、自分はもちろん、相手の自律神経のバランスも乱してしまいます。

夫婦関係、仕事仲間との関係を良くしたいのであれば、「言い方」に気をつけましょう。

では、どうすれば、良い「言い方」になるのでしょうか。

癒しの「副交感神経」の働きを高める方法

副交感神経の働きを強め、穏やかになるための言い方は、とにかく、ゆっくり話すことです。しっかり、呼吸をしながら話ができるということです。

呼吸を止めた際、末梢神経の血流量がどうなるか調べたところ、瞬時に血液が流れにくくなることが判明しました。

早口な言い方では、呼吸を深くすることができません。

浅く速い呼吸は、活動的な「交感神経」の働きを高めてしまいます。瞬間的にはやる気が上がりますが、それが長く続くと、血流が悪くなり、パフォーマンスが落ちてしまいます。

最新のスマートウォッチには、呼吸が浅くなると、深く深呼吸してくださいと表示されますよね。

あれの意味が分からなかったのですが、心を穏やかにするためだったのだと、勉強になりました。

ゆっくり話せば、信用される

ゆっくり話すメリットは、それだけではありません。

ゆっくり話すと、説得力が生まれます。

政治家の小泉進次郎さんが、その典型例ではないでしょうか。自信がなくても自信があるように見え、内容が薄くてもそれなりに見えます。

プレゼンや面接など、言い方が大事な場面では、「ゆっくり」が非常に効果的です。

特に出だしを意識的にゆっくりすれば、その後もゆっくりしたペースを維持できます。

自律神経には、継続性という性質があります。最初に落ち着いて話せば、話している間は自律神経が安定し、説得力のある言い方をすることができるのです。

反対に早口でしゃべると、不思議なことに、相手は発言の弱点に気づきやすくなります。

早口でしゃべることによって、相手の交感神経を刺激し、警戒センサーが高まってしまからです。

ゆっくり話すと、相手の副交感神経を高めるので、猜疑心を解き、「この人は信用できる」と思わせることができるのです。

ゆっくり話すと、心に余裕が生まれる

ゆっくり話すと、心に余裕が生まれるというメリットもあります。

しっかり呼吸をすると、血管が開き、末梢まで血流が良くなるので、心身共にリラックスして、言い方で失敗することが確実に減ります。

言葉に出る前に、頭の中で内容をかみ砕き、適切な言い方に置き換えられるようになるのです。

発言のポイントを絞ることができ、簡潔で分かりやすい言い方ができるようになります。

例えれば、水の入ったコップの持ち方に似ています。

たっぷり水が入ったコップを急いで持ち上げるとこぼれてしまいますが、ゆっくり持ち上げればこぼれません。「言い方」もそれと似たようなイメージです。

いかがだったでしょうか。

小林先生は、「言い方」は技術ではなく、「医学」であると語っています。

言い方を変えて自律神経を整えれば、自分も相手も穏やかになり、パフォーマンスが上がる。

その秘訣は、とにかく意識的にゆっくり話すという、とてもシンプルな方法でした。

体調がすぐれない、イライラしやすいと悩んでいる方に、今すぐに実践してほしいと思います。

このチャンネルは、私が実際に読んで面白いと思った本を、分かりやすく解説しています。

この動画が気に入ったという方は、ぜひチャンネル登録をお願いします。

きょうも良い一日をお過ごしください。