スポンサーリンク

【書評】なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?(志賀内泰弘著)

仕事に役立つ本
仕事に役立つ本
【5分半で分かる】なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 「思いやり」最強論

みなさん、こんにちは。

このチャンネルは、忙しい社会人が、聞き流すだけで分かるよう、短時間で効率的に作っています。

今回は経営コンサルタント、しがない・やすひろ さんの「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか」をご紹介します。

この本は、廃業寸前のコンビニに、67歳のアルバイトのおばちゃんが入店。副店長のエリートヒロインに「働くこと」「人に喜ばれること」の意味を教えながら、奇跡の売り上げ回復を図る小説じたてになっています。

小説とはいいながらも、ビジネス色が強く、特に人と接する営業マンにとっては、学ぶことがたくさんあると思います。

印象に残ったポイントを整理してお伝えします。

スポンサーリンク

①マニュアルは「最低限の線」である

真っ白な紙に、長さも位置も自由な一本の線をひきます。

接客業にとって、マニュアルとは「ここまでやればいい」という上限の線ではありません。

むしろ、「ここから何ができるか」という最低限の線。

イメージは、鉄棒の懸垂です。グイっと胸を引き上げるイメージで、常にこの線よりも上に顔が出るようにしましょう。

いつも心の中に、1本のマニュアルという線を引くと、それは常に変動します。

最初は低い位置にあった線でも、線より顔が出ることを続けていると、心の中の線がいつのまにか上がっていることに気づく日が来ます。これが、成長です。

「ここから何ができるか」を常に追求し続ける人が多い会社が、繁盛してくいのです。

②頼まれる前に「気づく」

買い物をしていて、こんな経験はありませんか?

アウトレットで買い物をしていて、ついつい買い物袋が多くなってしまう。そんなとき、頼みもしないのに、「よろしければ、大きな紙袋におまとめしましょうか?」と言われた経験。

雨の日には、「頼みもしないのに」、紙袋にビニールをかけてくれてたり、ちょっと重い荷物だと持ち手の紐がちぎれないようにと、紙袋を二重にしてくれたこと。

誰もが思い当たることではないでしょうか。

人は無意識に、そういうさりげない「親切」をしてくれたお店に、また行きたくなります。

相手に頼まれてから「動く」と、それは「当たり前」になってしまう。頼まれる前に「気づく」ことで、人の心に響くのです。人から好かれる、そういう人が大勢いるお店が繁盛します。

③目先の利益を求めない

「天使の分け前」。こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?

樽に長く寝かせたお酒は、蒸発して量が減ってしまう。この減った量を、酒蔵の間では「天使の分け前」と言います。減った分、お酒がおいしくなるので、「天使の分け前」といって喜ぶのです。

1717年創業の百貨店「大丸」の経営理念は「先義後利」。道義を優先させ、利益を後回しにするという意味があります。

私の友人が、大丸百貨店で買い物をした時のこと。ある商品を探していたのですが、今は扱っていないとのこと。がっかりした友人に、デパートの女性店員は「向かいの阪神百貨店さまにあります」と答えたそうです。

目先の自分の利益だけを追うのではなく、お客様のことを心底考える。

それは必ず、お店の「信用」となって還ってきます。

④成功する人と、失敗する人の違い

この違いはずばり、「続けられるかどうか」です。

努力し続けていても、その効果が数字になって現れない。「これでいいのだろうか」と不安にかられます。多くの人が、そこで続けることを辞めてしまいます。

 

ここで話は飛びますが、人体の構造について触れたいと思います。

身体は少しくらいのことには耐えられるようにできています。でも、その負担が、長い年月をかけて蓄積されます。

70%、80%、90%までは全く平気。ですが、たった1%のプラス、つまり91%になった瞬間にダウンしてしまうのです。

努力も似ています。結果に現れなくても、今、70%か、80%なのかは分かりません。ですが、頑張り続けると、いつか91%になる日が来ます。

それはあと1%の努力なのかもしれません。

自分を信じて、「明日の1%」をコツコツ積み上げる。成功する人と失敗する人の違いは、続けられるかどうかにあるのです。

いかがだったでしょうか。

この本は、「べき論」が羅列してあるビジネス書に少し疲れたという人に、とてもおすすめです。小説としても楽しめますし、「ビジネス」の枠を超えて、「豊かな人生とは何か」ということも考えさせてくれます。

もし、この動画が気に入ったという方は、ぜひチャンネル登録をお願いします。

最後までご視聴ありがとうございました。

きょうも良い一日をお過ごしください。

【5分半で分かる】なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 「思いやり」最強論